水と関わりの深い皮膚疾患を解説!今日から始める水飲み習慣

水と関わりの深い皮膚疾患を解説!今日から始める水飲み習慣

現在、ストレスや環境によって引き起こされる、花粉症を始め、アトピー・喘息・蕁麻疹・皮膚炎などのアレルギー疾患で溢れています。

厚生労働省の調査から、アレルギー疾患患者は年々増加し、乳幼児から高齢者まで幅広い世代で国民の約2人に1人がなんらかのアレルギー疾患を持っていると言われています。

アレルギーが増えた背景には、住環境や食生活や大気汚染などが要因としてあげられますが、症状悪化の原因の1つとして水が関係しているという考えも唱えられています。

この記事では、アレルギー疾患と水の関係についてまとめてみました。

アレルギーとは?

人の身体には、外から入ってきた異物(抗原)を認識し、それに対する物質「抗体」を生産し、排除しようとする免疫システムがあります。

このシステムは、本来からだを守るための生体防御システムですが、時として過剰に反応し、自分自身の器官や組織を壊すなどの症状を引き起こすことがあります。

これがアレルギーです。

アレルギー反応の結果、発熱・喘息・皮膚炎・蕁麻疹などを発症します。このアレルギー症状が大きい場合は、ショック状態に陥り生命に関わることもあります。

アレルギー疾患の多様化

アレルギーを引き起こす原因になる抗原(アレルゲン)も胞子や花粉・衣類・食物・ハウスダストなどの衣食住の中にはたくさんあります。

近年、アレルギー体質の子どもも増加傾向にあると言われています。

アレルギー疾患の主な症状として以下のものがあります。

  • アトピー性皮膚炎
  • 花粉症:アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎
  • 食物アレルギー
  • ラテックスアレルギー(手袋の粉)
  • アナフィラキシー
  • ダニ・ホコリ・ハウスダストアレルギー

最近では、様々な食品にアレルギーが認められるようになって来ました。

以前はあまり見られなかった果物などによる食物アレルギーの報告もあります。

子どもから大人まで幅広い世代で見られる“食物アレルギー”の患者数は年々増加しており、日本の食物アレルギーの有病率は、全年齢を通しておよそ1〜2%と推定されています。

小児(15歳以下)、特に乳児(1歳以下)に多く、10人に1人が発症しています。

水道水がアレルギーの原因になっている??

水道水には「塩素」や「トリハロメタン」など、身体に負担のかかる物質が含まれています。

国内の水道水は、水道法に基づいて定められた水道基準や施設基準を満たしています。

水道水に投入している塩素は、水の衛生上の安全を保つためや病原微生物の消毒を目的として行われています。

しかし、この塩素がタンパク質を破壊する作用があることから、シャワーなどで直接皮膚に触れると、肌や髪を乾燥させたり、肌のバリア機能である脂質を溶かしてしまいアトピーやアレルギー疾患が出やすくなったと言えます。

また、水道水を飲むことにより、胃粘膜の減少や消化力の低下によって食物アレルギーを引き起こしやすくなります。

そして、腸のバリア機能低下や善玉菌が減ってしまい、免疫の異常を来し食物アレルギーを発症してしまうなど結果的にアトピー性皮膚炎の起因として注目されるようになって来ました。

天然水を飲んで体の内側からキレイになろう

天然水のウォーターサーバーには塩素やトリハロメタンは含まれておらず、天然のミネラル成分が豊富に含まれています。

人の細胞は常に老化していき、内臓機能も衰えて来ます。

体内に水分を摂取するということは、血液や内臓を刺激して新陳代謝を促し、老廃物を効率よく体外へと排出させてくれます。

水を飲んだからといってアレルギーが劇的に改善されるわけではありませんが、免疫機能を改善しアレルギー症状を抑える効果があるとして、身体に負担のかかる成分が極力抑えられているからこ、そ安心して飲水できるのが魅力的だと思います。

原因となる花粉症や鼻炎などの症状が改善されるだけでなく、疲労やストレスも軽減することができるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「水と関わりの深い皮膚疾患を解説!今日から始める水飲み習慣」について解説しました。

アレルギーの症状とその原因には、様々な要素が関係していることが分かったと思います。

まずは1つ1つできることから始めて見るのはいかがでしょうか?

あなたも一緒に、天然水のある暮らしを始めてみましょう。

水と関わりの深い皮膚疾患を解説!今日から始める水飲み習慣
【PR】無料お試しキャンペーン

ABOUTこの記事をかいた人

コンちゃん

35歳。兵庫県生まれ。 2012年5月オーケンウォーター入社後、CS、業務部を経て営業部に。東京営業所、岡山営業所の所長としてお客様のサポートに尽力。現在WEBマーケティング部を立ち上げ、メディアを通じてお客様により良い情報を発信しています。 ウォーターサーバーでお悩み・お困りの時は、お気軽にお問い合わせください。