白湯(さゆ)が体にいいって本当!?今まで面倒で継続できなかった方に試してほしい、ウォーターサーバーを使った便利な方法とは

白湯(さゆ)が体にいいって本当!?今まで面倒で継続できなかった方に試してほしい、ウォーターサーバーを使った便利な方法とは |

ウォーターサーバーなら白湯(さゆ)が簡単に作れる!

白湯(さゆ)で美容と健康を保つ秘訣とは??

「白湯(さゆ)って健康にいいんだろうな」「白湯(さゆ)を作るのは簡単だけど、ちょっと作るのが面倒だな・・・」なんて思っている方もいると思います。

そんな忙しい方にオススメしたいのが、ウォーターサーバーを使った白湯作りです。

今回は、白湯(さゆ)の定義や白湯がもたらす美容と健康の期待できる効果について、ウォーターサーバーが白湯(さゆ)作りに適している理由についてまとめてみました。

白湯(さゆ)とは何?

白湯(さゆ)とは、水をいったん沸騰させお湯を普通に飲めるぐらいの温度まで冷ました湯のことを言います。

沸騰させる事で、水道水に含まれているカルキなどの消毒液や不純物が蒸発して飛び、口当たりも柔らかいぬるま湯になります。

湯冷ましという言葉も、白湯と同じ意味合いになります。

白湯(さゆ)のもたらす健康効果とは?!

白湯(さゆ)を飲むだけで、美容や健康面において嬉しい効果が期待できます。毎日白湯(さゆ)を飲むだけで美容に健康にダブルで身体にとってプラスとなれば習慣化していきたいものですね。

冷え性にさようなら

ヒトの体温に近い温度で飲む白湯(さゆ)は、口に含み飲んだ後にゆっくりと体温を上昇させてくれます。

白湯(さゆ)を飲むと、消化器系の胃腸などの内蔵機能を高める事ができるので、飲んだ直後から全身の血の巡りが良くなります。そのため、ほんのり身体が温かく実感できるでしょう。

白湯(さゆ)を飲む事で無理なく身体の冷えが改善する可能性があるのです。

食欲増進しご飯が美味しくいただける

消化機能の低下などで食欲がない方でも、白湯(さゆ)を飲むことをオススメします。

身体の体温に近い白湯(さゆ)は、胃腸を刺激する事がなく吸収できる飲み物です。

冷たいジュースなどの飲み過ぎで内臓が冷えてしまいやすい夏場は、消化機能が低下しやすく、食欲低下し夏バテなどの不調に陥りやすいため注意が必要です。

そんな時も、ぜひ白湯(さゆ)を飲んで胃腸を休めるためにも白湯(さゆ)を飲んで温めてあげると体調も改善される事が期待できるでしょう。

ダイエットや美容効果に期待ができる!!

白湯(さゆ)を飲む事で起こる体温上昇や内臓の働きの活性化は、基礎代謝を上げることに繋がります。

基礎代謝とは、生命維持に使われる消費カロリーの事で、内臓温度が1℃上がると基礎代謝も約10〜12%上昇して脂肪燃焼率が良くなります。

白湯(さゆ)には血液を温めて動脈や毛細血管を広げ、血液の流れを良くする効果がありますので、この基礎代謝を上げる事が痩せやすい体質を維持できるダイエットの成功を後押ししてくれます。

また、水分摂取をする事で、お肌の細胞は古い水と新しい水を毎日交換しており、水分不足になるとこの交換が行われなくなるので代謝が悪くなってしまいます。

古い水のままでいると細胞も新しく生まれかわれず、古い細胞のままになってしまうので適切な水分摂取を心がけるだけで、お肌の細胞も常に若々しく健康的な肌を保つ事ができるでしょう。

リラックス効果が期待できる

副交感神経に優位に作用する白湯は、精神的なストレスや不眠と言った不調に悩む方こそオススメの飲み物です。

ヒトの身体に備わる自律神経には、交感神経と副交感神経が備わっています。

そのうち、副交感神経は休息の神経と言われており、心拍数を下げたり身体をリラックスさせ、安眠には欠かせない役割を担っています。

そのため、ストレスなどで精神的に疲れが溜まっており、「ゆっくりしたい」「ぐっすり眠りたい」と言った時には冷水やアルコールなどの体を冷やす飲み物ではなく、白湯(さゆ)を飲む事をオススメします。

免疫力の向上効果が期待できる

白湯(さゆ)には、身体の免疫機能を高める効果があります。

免疫力を向上させるには体温を下げない事がとても大事です。

白湯(さゆ)には、体内への水分吸収速度が緩やかで負担もなく、身体の内側から徐々に体温を上昇させてくれます。

普段から白湯(さゆ)を飲むことをオススメしますが、特にインフルエンザや風邪が心配な冬季に大活躍してくれるでしょう。

また、成人の免疫力の7〜8割は腸管系とも関係しているため、胃腸の機能を整えてくれる白湯は、多方面から風邪などの予防効果に発揮する事が期待できます。

忙しい方必見!ウォーターサーバーを使った白湯(さゆ)作り

基本的な白湯(さゆ)作り

白湯(さゆ)の作り方
  1. ヤカンに軟水を入れる
  2. 水道水を使用する場合は、火にかけ10分以上ゆっくり沸騰させる(水の中に含まれているカルキや不純物を取り除くため)
  3. 沸騰したら、火を止めてコンロもしくはIHからおろし、人肌と同じくらいもしくはそれいかになるまで冷ます

白湯(さゆ)を作る時に軟水をオススメするのは理由があります。

硬水にはカルシウムやマグネシウムと言ったミネラル成分が多く含まれており、飲み辛さを感じたり成分によってお腹の調子を悪くする可能性があるからです。

特にマグネシウムは水の分子と結合しやすい性質があり、大腸で便の中に水分を引き寄せて便を柔らかくしてくれる効果があります。

その効果を生かしたお薬があるくらいなので、お腹のゆるさに繋がってしまうので避けたほうがいいでしょう。

白湯(さゆ)を冷ます温度は、30〜40℃が目安とされていますが、飲みやすい温度で加減してください。

ウォーターサーバーなら、簡単に白湯(さゆ)が作れる!

白湯(さゆ)作りは手間だけど…

適温の白湯(さゆ)が飲めるまで、上記の作り方では30分近くも待たないといけません。

多忙な方にとっては少し億劫で実践してみようとはなりにくいですね。そこでオススメしたいのが、温水と冷水をすぐに出せるウォーターサーバーです。

コップ一つで、80〜90℃くらいの温水に冷水を混ぜるだけといういたってシンプルな行程のみで作れます。

水から入れて冷ます時間はいりません。

飲みたい時にすぐに白湯(さゆ)を作れるという魅力があります。

ウォーターサーバーの白湯(さゆ)でも効果があるのでしょうか??

日本のウォーターサーバーで使用されている水の多くは、日本国内で自然に作られた水を提供しています。

多くの専門家が白湯(さゆ)作りで推奨している軟水なので、普通の行程で作った時と同じ効果があると言えます。

また、精密なフィルターによる不純物や異物の濾過や加熱殺菌も行われているので、衛生面でも安心して飲む事ができます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「白湯(さゆ)が体にいいって本当!?今まで面倒で継続できなかった方に試してほしい、ウォーターサーバーを使った便利な方法とは」について解説しました。

白湯(さゆ)が体にいいことはよくわかってたけど、毎日作るとなるととても面倒という方も多いと思います。

そんな方にこそ、ウォーターサーバーを使ったとても楽で簡単な白湯(さゆ)作りを試していただけると嬉しいです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

白湯(さゆ)が体にいいって本当!?今まで面倒で継続できなかった方に試してほしい、ウォーターサーバーを使った便利な方法とは |
【PR】無料お試しキャンペーン

ABOUTこの記事をかいた人

コンちゃん

35歳。兵庫県生まれ。 2012年5月オーケンウォーター入社後、CS、業務部を経て営業部に。東京営業所、岡山営業所の所長としてお客様のサポートに尽力。現在WEBマーケティング部を立ち上げ、メディアを通じてお客様により良い情報を発信しています。 ウォーターサーバーでお悩み・お困りの時は、お気軽にお問い合わせください。