ウォーターサーバーがいる人といらない人の理由や違いをご紹介

ウォーターサーバーがいる人といらない人の理由や違いをご紹介

「ウォーターサーバーなんて贅沢品でしょ?」

「友達もウォーターサーバーを家に置いていたら便利だと言うけど、今の自分の生活に本当にいるものなのだろうか?」

テレビCMや公共施設当でも当たり前の様にウォーターサーバーが設置されていますが、一般家庭にも本当にいるのでしょうか?

今や一家に一台と言わんばかにウォーターサーバーが普及しています。

設置する事でかかるランニングコスト(維持費用)、はたまたウォーターサーバーを設置するスペースなど、導入した事で「損をしないか」が気になりますよね?

今回は、ウォーターサーバーがいる人といらない人の理由や違いを、ライフスタイル別に、客観的な視点からご紹介したいと思います。

ウォーターサーバーをやめる(解約)する理由

ウォーターサーバーを過去に使用いていたけど解約した人は、どういった理由でやめたのか気になりませんか?

その理由を紹介して行きたいと思います。

ランニングコスト(維持費用)が掛かるから

ウォーターサーバーを解約する一番の理由はランニングコスト(維持費用)が生活の負担になってしまった場合や生活費の見直しを行った場合が多いです。

※ウォーターサーバーにはサーバーレンタル費用(メンテナンス費用)・電気代・水代など大まかにわけて3つの費用が発生します。

ウォーターサーバータイプによってもランニングコストが違う?

ウォーターサーバーのタイプはメーカーなどによって様々です。

例えば、水ボトル下置きタイプ、上置きタイプなど給水方法が違うだけでも電気代が違ったり、水ボトルの標準サイズ12Lの水ボトル料金でも、各社価格競争によって数百円程度の差があったりします。

現在では、省エネモードがついたウォーターサーバーがほとんどですが、こうしたエコモードが有るか無いかでも電気代が変わります。

さらに、ウォーターサーバーの定期メンテナンス費用の有る無しなど、契約メーカーによってもランニングコストが変わってしまいます。

ランニングコストを抑えるには自身に合った宅配水サービスを利用する

ランニングコストの心配をされる方の大半が、自身の利用頻度とサーバー契約内容と釣り合っているのか不安と言われます。

確かに、定期的に消費する水の量は人によって違うので消費してないのに定期宅配されてくると困りますよね。

こうした心配をされる方は、弊社オーケンウォーターにご相談ください。

オーケンウォーターでは、月々のご利用料金は、12リットルボトル×2本を3000円(税抜)からご利用可能です。

詳しくは、当社ホームページでご確認ください。

あまり水を消費しないかもしれないので宅配水が溜まると困る

宅配水の1ボトルは12リットルが主流となっています。

世帯規模にもよりますが、水の消費量が基本的に少ない場合や人数が少なく宅配水サービスを利用したいけど宅配水を使いきれず次の宅配水が送られてくるのが困ると言う事も。

また宅配水メーカーによっては、水ボトルの発注休止をお願いした場合手数料が掛かる事もあります。

契約内容を自身の水消費量と合わせられない場合に、宅配水消費ノルマを達成するする為消費していない水ボトルが溜まるケースがあります。

まずは、最低注文数からご利用頂き自身の消費量を把握して頂く事が重要かと思います。

下の表は家族構成別の平均的な使用量目安です。

世帯人数 消費量(月単位)
1人 20リットル
2人 30リットル
3人 40リットル
4人 50リットル

水ボトルが重くて女性では交換が一苦労

従来のウォーターサーバーはサーバー上部に水ボトルを設置するタイプがほとんどでした。

この場合、交換の度に水ボトル12リットルを腰の高さ以上に持ち上げなければならず、女性やご年配の方には負担が掛かるものでした。

ボトル交換が簡単に行えるウォーターサーバー

ウォーターサーバーは利用したいけど、水ボトルを腰の高さまで持ち上げる事が難しいので諦めていた方には、水ボトルの交換が簡単な「下置きタイプ」のウォーターサーバーがおすすめです。

弊社でも人気の水ボトル下置きのタイプは、水ボトルを持ち上げるのは地面からわずか10㎝程度です。

水ボトルを持ち上げる力もいらず、女性やご年配野方に喜ばれています。

ウォーターサーバーいらない人の3つの特徴

ウォーターサーバーいらない人とはいったいどの様な方なのでしょうか?

詳しくご紹介していますのでご自身が当てはまるかチェックしてみましょう。

水道水を飲み水として利用していて不満が全く無い場合

水道水を飲み水や料理に使用しても不満が全く無いや、浄水機能のある蛇口、浄水器が設置されているお宅ではウォーターサーバー魅力を感じる事が少ないかもしれません。

水道水を沸騰させて不純物を取り除く手間を苦と感じない方

水道水には残留塩素(カルキ)などの不純物が含まれています。

こうした不純物を取り除き、赤ちゃん用の湯冷ましなどに利用したい場合、水道水を沸騰させる手間が生じます。

こうした手間を苦と感じない方(抵抗が無い)はウォーターサーバーの必要性を感じ難いかもしれません。

ペットボトル水の購入や空きボトルの処理の手間を苦と感じない方

ミネラルウォーターをコンビニ等で毎日購入して常飲されている方で、ペットボトルを購入する手間や空きボトルを処理する手間を苦と感じない方はウォーターサーバーの必要性を感じ無いかもしれません。

ウォーターサーバーいる人の3つの特徴

ウォーターサーバーいる人とはどの様な伽耶なのでしょうか?詳しく見て、ご自身が当てはまるかチェックしてみましょう。

赤ちゃん用の湯冷ましやミルクを作る方

ウォーターサーバを必要とする方は多いですが特に家族に赤ちゃんがいる方には導入をおすすめしております。

赤ちゃんに与えるミルクを作る場合「70度以上まで冷却した適量の沸騰させた水」を使用すると厚生労働省のガイドラインには記載されています。

ウォーターサーバーの温水機能は80〜90度となっており直ぐに調乳に使用出来ます。

時間の忙しい中子育て中の方には、調乳時間の短縮となり喜ばれています。

ウォーターサーバーを使用する事で時短は、忙しいママ・パパにとって思ったより大きく負担軽減出来ますのでおすすめです。

コーヒーやお茶などを飲む機会が多い方

ご自宅でコーヒーやお茶は、やっぱり入れたてが飲みたいと思われる方にウォーターサーバーは有効性です。

ウォーターサーバーのお湯の設定温度は各メーカー共に平均的に80度〜90度設定となっています。

沸かして直ぐにコーヒーやお茶を入れると熱すぎますが、ウォーターサーバーでは適温で作る事が出来ます。

飲みたいと思った時に直ぐに入れっれる為、時短出来るので多くの方に喜ばれています。

ペットボトル飲料ををよく飲む方

ペットボトル飲料をよく飲む方の困り事は、使用後のペットボトルの処理でしょう。

例えば500mlの飲料水を頻繁に飲む場合など、空き容器がかさばります。

ウォーターサーバーでは、12ℓ容器なので空き容器の処理の手間は少なくなります。

また定期宅配なので、買い忘れの防止も出来ますので非常に有効です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「ウォーターサーバーがいる人といらない人の理由や違いをご紹介」について紹介しました。

ウォーターサーバーをご利用頂く事で、時間の短縮及びゴミの処理の手間が少なくなる事がお分かり頂けたとおもいます。

ウォーターサーバーがいるかいらないかについては、個人の生活サイクルや考え方によって違ってきますが、導入される事で確実に時短が可能になります。

ウォーターサーバーがいる人といらない人の理由や違いをご紹介
【PR】無料お試しキャンペーン

ABOUTこの記事をかいた人

コンちゃん

35歳。兵庫県生まれ。 2012年5月オーケンウォーター入社後、CS、業務部を経て営業部に。東京営業所、岡山営業所の所長としてお客様のサポートに尽力。現在WEBマーケティング部を立ち上げ、メディアを通じてお客様により良い情報を発信しています。 ウォーターサーバーでお悩み・お困りの時は、お気軽にお問い合わせください。